香住の半夜で爆釣!
海の日に爆釣にこっ <H.24.7.16> 

 予定では早朝に行くつもりだったが、前夜の自治会の寄り合いが深夜にまでなってしまったので、翌日の朝、釣りの時間を昼から夕方までに変更したいと但馬渡船の松田船長に連絡した。すると「今日は波もないし昼は暑いから半夜でやってみる?」という事で渡船最終の便で午後4時半ごろに香住東港を出船した。

 朝からの釣り客の状況は、30前後のイサギが交じりだし磯も良くなってきた様子でした。場所を決めていなかったので、この情報を参考にしてこの日一番の松ヶ鼻に決定した(笑)
ここはドン深で少し投げると水深20mぐらいはありそうでした。仕掛けは最近ハマっているカゴ釣り仕掛けです・・・カゴは2種類用意し南予反転カゴと、パッカンカゴです。

       

 早速、沖アミ3キロとアミエビ2キロを混ぜ込み、最初は反転カゴをセットます。
エサをたっぷり詰めてどんどん投げ込みますが、何の反応もありません・・・。タナは8ヒロから9ヒロ前後、潮は左にゆっくりとイイ感じで流れているのに何故かな?・・・またまたボーズ感が頭をよぎります(汗)

 それでも最初にアタリがあったのは午後6時半を過ぎたころでした。
 大きな棒ウキがスパッと見えなくなります・・・ライン引っ張りすぎたかなと思って少しきいてみるとグングンと頭を振る感じが伝わってきます・・・重いだけで余り走らない60センチ余りのマダイが釣れました。これで本日はボーズなし!・・・しかも昨年と同じようなイイ型のマダイに感激した・・・(笑)

 これで暫くアタリが遠のき、薄暗くなってきた頃にアジのアタリが・・・少し前アタリがありウキが沈んでいきます。
これも合わせるとカゴスペ3号が一瞬大きく曲がります・・・しかし水際までくると観念するのか割と引き寄せられます。
 こんな感じで午後8時前まで7匹Getした。

       

 8時頃になると近くに来ていたイカ釣り船の照明が一段と強くなり、このせいかアタリも止まり8時過ぎに納竿した。
この場所は広くて安全なので一度通しをしたい磯です。

| 日本海 | 20:31 | comments (5) | trackback (0) |

  
CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<   07 - 2012   >>
LOGIN
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
ARCHIVES
COMMENTS
PROFILE
OTHERS
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ゲットネット...¥